神奈川県の写真出張撮影

神奈川県の出張写真撮影カメラマン依頼・予約19800円〜

出張撮影 神奈川県

当ホームページをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページではプロカメラマン(写真家・フォトグラファー)による神奈川県内での写真出張撮影・ロケーションフォトサービスを案内しております。

 

当サービスでは、新生児写真(ニューボーンフォト)、お食い初め(百日祝い)、初節句、お宮参り、ハーフバースデー、ファーストバースデー、お誕生日会、七五三(753)を始め、幼稚園・保育園の入園式・卒園式、運動会、小学校の入学式、ピアノの発表会、ハーフ成人式(1/2成人式)、ハロウィン、クリスマス、ホームパーティー、年賀状、成人式、カップル写真・エンゲージメントフォト、結婚写真・フォトウェディング、マタニティフォト、ポートレート、新居・新築・引越し祝い、還暦祝い・長寿祝い(喜寿・米寿)、生前撮影(遺影写真)、ペットといった家族写真を中心に撮影させていただいております。また、屋外でのロケーションフォト以外にも、ご自宅や飲食店、スタジオなど屋内での撮影を承ることも可能です。

 

サービス内容、ご利用料金、その他情報につきましては、下記の当サービス公式ホームページにて詳しく記載しております。

出張 撮影

 

お急ぎの方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

出張 撮影

 

▼神奈川県の概要

県名の由来

「かながわ」の名は、昔、神奈河、神名川、上無川などとも書かれ、武蔵国久良岐郡(現在の横浜市神奈川区)の地域をいい、古くから陸上・海上交通の重要なところでした。これが県名になったのは、横浜開港に伴い、安政6年(1859)に「神奈川奉行所」を置いたことによります。そして、明治元年(1868)9月に神奈川県となりました。

 

位置

神奈川県は日本列島のほぼ中央に、また関東平野の南西部に位置し、北は首都東京都に接し、東は東京湾に、南は相模湾にそれぞれ面し、西は山梨、静岡の両県に隣接しています。

 

気象

年平均気温:摂氏 16.6度
最高気温:摂氏 37.4度
最低気温:摂氏 −0.5度
年間降水量:1,516.5ミリメートル
※横浜地方気象台2013年のデータ

 

人口

総人口:9,100,346人(男4,548,416人、女 4,551,930人)
世帯数:3,973,785世帯
1世帯当たり人員:2.29人
人口密度:3,767人(1平方キロメートル当たり)
※2015年1月1日現在

 

経済

平成20年(2008年)度の県内総生産は30兆8,997億円である。ドルに換算すると3,500億ドル前後に相当し、G20参加国の南アフリカ共和国やアルゼンチンの国内総生産 (GDP) に匹敵している。一人当たりの県民所得は319.9万円である。産業別就業者数は、第一次産業が4万4,000人、第二次産業が117万8,000人、第三次産業が295万5,000人となっている。

 

観光

神奈川県の入込観光客数は1億7,119万人(延べ数、2008年(平成20年))で、地域別では横浜・川崎地域が最も多く、宿泊客数では箱根・湯河原地域が最も多い。また、国土交通省の調べによると、神奈川県の延べ宿泊者数は約1000万人泊(2007年(平成19年))となっており、47都道府県中では沖縄県に次ぐ第7位で、長野県、愛知県と並ぶ。

 

市町村地図

神奈川県 地図

 

市町村一覧

横浜地区:横浜市
川崎地区:川崎市
横須賀三浦地区:横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町
県央地区:相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村
湘南地区:平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町
県西地区:小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

 

立庁記念日

慶応4年3月19日※県史

 

歴史(近代〜現代)

 

近代
18世紀に急激な工業化を経験した西欧の先進諸国は、原料獲得と商品売却のための市場を求め、ヨーロッパから出てアジアに向かってやってきました。彼らの乗った船は18世紀末には日本近海にあらわれ、交易を求めるようになったのです。鎖国体制を守り続けた幕府も軍事的圧力を背景に開国を迫ったペリー率いるアメリカ艦隊に屈し、和親条約を締結しました。開港場の一つとされた横浜は日本と外国を結ぶ窓口となり、西洋文明がいち早く流入してくる場所となりました。このため横浜を中心とした経済圏が次第に形成されていきました。

 

現代
神奈川の現代は、関東大震災による廃墟からの復興に始まります。神奈川は軍事的に重要な地域であり、昭和10年代はまさしく「軍都神奈川」で、満州事変以降は、戦時体制が徹底化しました。昭和20年に米軍の爆撃が本格化し、市街地が再び廃墟の街に化しました。敗戦後の神奈川は、連合国軍の重要占領地域として民主的改革と戦災復興が行われました。昭和30年からは高度経済成長時代を迎え、社会資本の整備が進んだ反面、公害や交通戦争などの大きな社会問題を生みだしましたが、生活様式の近代化が進みました。